スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災に寄せて。

ひとつ前の記事をふまえた上で、自分の考えを言うと、歌は、「物語」だと思います。
客観的データではありません。
せめて、そうした「物語」を歌うという自覚の上で、歌を作って行きたいと思います。
以下、震災、津波、原発についての歌です。
直接震災に関係ない歌もありますが、震災に触れて考えたことを歌にしたものです。


親指で裏と表が入れ替わるコインの上に住む我らかなし
報道に映る被災者映らない被災者全て平穏であれ
白雪の温くもあらな 地に足を突き立ててみな生きて生きたり
ただ君と君へつらなる一万の寝息聴きたし 耳をすます
街灯の明るき一つひとつにぞわがたまきはる命立ちける
夜の闇の暗きにくらき闇のうち光る瞳は日の方を見る

とんがれる月に睨まれ心地して地面を、ただ地面を見詰む
歌ひとつ詠みて無事なる自が身に罪は潜めり 雪の降る町

裸足にて踏むことできぬ原発の土ぞかなしき半径5キロ
天照らす日をも飲みつる人々の小さかりけり腑をな焦がしそ
どこまでも東に向かい歩いたら原発も越え日は昇るだろう

暖かき日々の続きに雪のあらばなどて桜の散るぞ口惜しき
流されし桜いづれはいづかたに花開かする春こそあらめ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

三沢左右

Author:三沢左右
短歌を詠みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。