スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠blog2013 投稿歌一覧 001~050

001:新
新しき夜の足音あはあはと滲み溶かして街灯の下

002:甘
時計見る瞬間口にスプーンを 甘きイチゴのジャムを舐め取る

003:各
各階に置かれたままの掃除用具 雨降りやまぬ明け方暗し

004:やがて
やがて来るエンドロールの白文字をより鮮やかに黒髪の君

005:叫
ベランダに墜ちぬる鳩の羽ばたきに朝の大気は震え叫びつ

006:券
ジャンパーのポケットの半券 去年観た映画のタイトルを思い出す

007:別
木々震へ逆立つ風の春の日に別れを告ぐる踏み切りの音

008:瞬
階段を駆け上がる子の足裏にいや瞬きて硝子片散る

009:テーブル
真夜中に蛍光灯を点すとき夜の続きはテーブルの上

010:賞
古書店の楽譜背表紙日焼けせり 賞味期限を過ぎたる音符

011:習
いづ方に行かばや君の街ならん 常の習ひの言葉こぼるる

012:わずか
あはあはと朝のしづくに染む花のわづかゆらめく黄赤けやけし

013:極
はた赤く唇濡らし流るるを見極めをらん恋人の血を

014:更
月のなき夜は更けぬらん こんこんと空切る、丸き文字盤の時計

015:吐
あやかしの子別れ狐じんじんと湯気吐き出して泣きぬる薬缶

016:仕事
封筒の宛名を眺め裏返し我が名を見つめ仕事へと行く

017:彼
彼此岸の別なく橋を駆け抜くる電車望郷十八の夏

018:闘
こは闘鶏の羽撃きなれや読み捨てし文庫の頁風に煽らる

019:同じ
表札に同じ苗字の人がいて同じ苗字の犬がいること

020:嘆
スクリーンに嘆きの瞳映し出す遠き不幸は誰の不幸ぞ

021:仲
恋仲の子供ふたりは微笑まず火にあたりたるごとく息詰む

022:梨
すらすらと皮を剥かんと左手に取りたる梨の水分重し

023:不思議
夏の日の不思議真白き骨の色写しとりたる砂浜の砂

024:妙
精妙なカーヴ描きて今しがた君の座りしソファのへこみ

025:滅
滅び行く春ひとたびの桜花 川に降り敷く夢のなきがら

026:期
熊蝉の最期の声を聞き留めむ 恋に落ちし日の思ひ出として

027:コメント
会議室の伝言板にコメントを ドアの向こうを走る先輩

028:幾
恋人は幾度涙を落とせしか爪の光沢ぬれぬれと照る

029:逃
逃げ水に映れる空は足早に雲引き連れて西へ飛び行く

030:財
陽を受けて財布の金具鈍色にきらめきながらしゃらしゃらと落つ

031:はずれ
髪長き君の髪留めふとはづれ微笑む頬をほの隠しけり

032:猛
エレベーターに猛獣使い一人ゐて十七階より人を見下ろす

033:夏
山に鳴き野に羽散らすオホルリの羽音しば撃つ高き夏空

034:勢
勢力の強き台風吹く町の図書館の書庫しんと眠れる

035:後悔
明日にはきっと後悔するだろう かばんに花を挿したまま行く

036:少
痛ましき事件知らする番組にいま少しチェイスの曲を聴きたし

037:恨
君の声君の態度に傷つきて笑顔以外の全てを恨む

038:イエス
はにかんでイエスと言った友達の声高らかに響く教室

039:銃
銃眼をかぞへ回廊歩くとき遠く吼号響きすぐ絶ゆ

040:誇
崩れたる石塀の端誇らしく数条の薄高だかと伸ぶ

041:カステラ
スプーンに力を込めてカステラを崩しつつ思ふ読みかけの文

042:若
オリオンの指差す方に流れ行け君が若やかなる白き息

043:慣
自転車で走る公園沿いの道 人に慣れたる鳩ぞ悲しき

044:日本
葉ずれの音さやぐ晩夏の疚しさを飲み込みて泣くこの国日本

045:喋
喋喋と語る喜劇俳優の瞳の先に真っ黒な点

046:間
仄暗き駐輪場の隙間より黒猫ひとつ駆け出しにけり

047:繋
二棟を繋ぐ廊下は俄雨にしめりたり虫の死骸を濡らし

048:アルプス
アルプスの山のあなたを染めくくる空の真青きミュール小さし

049:括
ストーブのコードを括る紐のよう 冬の終わりの頼りなき朝

050:互
息詰めて互に頬に触れをれば腕時計の針こつこつと鳴る
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

三沢左右

Author:三沢左右
短歌を詠みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。